年度末で商戦華やかな3月と、ボーナスの影響

年度末で商戦華やかな3月と、ボーナスの影響

年度末で商戦華やかな3月と、ボーナスの影響

Category : 車買取業者

年度末で商戦華やかな3月と、ボーナスの影響が出やすい9月というのは自動車の販売は好調です。中古車販売業者の多くはこの時機を逃さずもっと売りたいと思うものです。

在庫が品薄になるので、買取額が多少高かろうと構わないという姿勢になるのがこの頃です。いつまでに売らなければいけないというリミットがないなら、こうしたタイミングで売却すれば査定額もあがるはずです。一方で4月は、ボーナスとは別に取引量の多い3月の直後にあたるため、査定は最も低くなる頃なので売却はお薦めできません。

すでにご存じの方も多いかもしれませんが、インターネット上には自分が売りたいと思っている車の査定を同時に何社にもまとめて査定してもらえる、車の一括査定サイトが数しれず見受けられます。一括査定サイトを通したら絶対にその車を売却しなければならない訳ではなく、たくさんの会社に行く時間が取れない人にも有効です。

しかしながら、査定してもらったお店の中には幾度も電話がくるケースもあり得るので、電話による連絡が面倒だと思うならば、業者との連絡はメールで大丈夫な一括サイトを選択すると面倒はないでしょう。自家用車を所有しているとたとえ乗らなくても維持費が結構かかるものですよね。自宅周囲に現実的に利用可能な交通機関が発達している等で、自動車を所有していなくても交通の便に不自由しないならば売りに出してしまうことで大幅な節約になるでしょう。自動車を維持するための費用の内訳を見てみると、車検や定期検査の料金、自動車税や自動車保険代金、自分の家に駐車スペースがなければ駐車場の料金も維持費として挙げられます。以上の合計金額を計上すると、1年間で何十万円もかかっているケースもありますから馬鹿にならないのです。

自分の車はできるだけ高い値段で売りたいものですが、そのためにはそれなりの交渉の仕方があります。

一つの例を紹介します。

最初にやることは、いくつかの買い取り業者に目星をつけて、そこから、見積もりを出してもらうようにします。具体的な値段の話はまだしません。

それらの中から出た、最も高い金額を基準に価格交渉をしてみます。

これがうまくいくと、見積もりで出た最高額以上の値段を業者から引き出せることもあるでしょう。ですが、これを幾度も繰り返してしまうと、車を本気で売るつもりはないと判断されるでしょうから、その点も少し気を付けましょう。

いわゆる事故車だとか走行距離のメーターが10万kmを超えている車は、中古車市場では敬遠される対象なので満足な値段がつかないことも珍しくありません。

あとは個人でできることといえば、少々面倒ですが廃車手続きをすれば自動車税の還付を受けることもできますし、そのような車を専門に扱う業者に査定を依頼する方法があります。

その場合は使える部品や部位については見積もって買取価格を提示してくれるのです。税の還付なら廃車、手軽さと金額のバランスなら業者でしょうが、目的に合った方法を選ぶと良いでしょう。

買取対象の車を直接見て査定してもらうためには、買取業者のところに車で行くのではなくて、先方からこちらへ出張してもらうといった選択肢もあります。ほとんどの買取業者は出張査定は無料としています。上手くこれを活用すると、まとめていくつもの業者を来させて各社同時に査定ということもできないわけではありません。

競争心が生じるわけですから、比較的高い価格で買い取ってもらえる可能性が高くなります。業者に依頼して車を売るのは初めてという人も少なくないでしょう。

次のような流れになりますので参考にしてください。初めにネットの一括査定サイトを活用して、仮の査定額(現物査定前の金額)を算出してもらいます。

そのあとで現物を業者から派遣された査定士が判定し、車の状態に応じた査定額が決まります。金額に不満があれば断ってもいいですし、交渉して代車手配や価格などで折り合いがつけば晴れて契約です。

契約すればあとは車とキーを業者に渡すことになります。

そして所有者の移転登録等の手続きがひと通り終わった後で代金の振込があります。

金額を確認して契約書と相違なければそれで完了です。査定で業者に来てもらうなら夜間や雨天のほうが本来の額より高く見積もってもらえる可能性が高いという話をたまに聞きます。光源が少なくはっきり車を見ることができないので、業者が見逃すことを期待しているのです。しかし雨天で隠れる程度の小傷が査定に影響するでしょうか。それより、いつ来ても構わないという気持ちでなるべく多数の業者から見積りをとるほうが効率的です。業者同士で競合が起きればおのずと査定額も上がってくるというものです。

中古車買取専門店での査定の際には、例えば、カーナビなどの付属品があるとプラス査定になることが多いです。

でも、新型の車にはカーナビは標準装備になっていることが多いため、最新式のカーナビでない場合には査定額がグンとアップするとは考えにくいのです。さらに、同様の理由でカーナビシステム非搭載の時には査定額をダウンさせられてしまう可能性もあるでしょう。

大手チェーンの中古車販売店の多くは、多くのキャンペーンを常時開催していることでしょう。キャンペーンのほとんどは車売却の際にプレゼントされることが可能ですが、中にはただで査定するだけで貰えるものもあるのです。もっと具体的に述べると、インターネット上の特定のページから査定申し込みをするとネットで使えるポイントが受け取れる等のシステムです。

無料査定だけを実施して買取自体は行わなくても構わないので、こんなキャンペーンを行っているのを見付けることがあれば申し込んでみると良いですね。